特定商取引法に基づく表記

販売者氏名:吉田 慎也

問い合わせ先連絡先:mail(こちらにアットマーク)the-utopia.link

URL:http://miningbank.jp/lp/miningstart/

クラウドマイニングって何?

あおきです。

 

今回はクラウドマイニングで

稼ごうという無料オファーを紹介します。

Mining Share Bank

販売者は吉田慎也です。

 

メールアドレスしかわからないって

まず、今回のオファーですが

特商法表記には販売者名と

メールアドレスのみが載っています。

 

これでは連絡手段も所在地もわかりません。

また販売者が個人名のため

それらを調べる材料もありません。

 

正直どこの誰だかがわからないという

こんな案件に関わるのは正直危険です。

 

Mining Share Bankの中身は?

そこで気になるのが

今回のMining Share Bankの中身になるのですが

セールスページには

 

国内発のクラウドマイニングサービス

本邦初公開!!

今すぐクラウドマイニングを始め、

知識0、リスク0、作業0で

“毎月100万円以上”のビットコインを個人で

生み出し始めませんか?

 

とあります。

 

ようするにクラウドマイニング

という手法を使ってビットコインで稼ごうと。

 

しかし、どうしても気になるのが

知識0、リスク0、作業0ということ。

ここの部分だけを取ると

正直イヤな予感しかしないんですけどね。

 

ビットコインで稼ぐということは

投資案件ということにはなるのですが

この時点でノーリスクというのはありえないのですが。

 

また知識も作業もいらないというのが

どうしても理解できません。

 

クラウドマイニングについて

さて、今回のMining Share Bankですが

クラウドマイニングという手法で

ビットコインで稼ごう、とあります。

このクラウドマイニングというのは

投資法の一つに分流されるものです。

 

まずマイニングとは採掘の意で

定期的におこなわれるビットコインの運営に必要な

「すべての取引記録を取引台帳へ追記」する作業を

余っているコンピュータのリソースやパワーを借りておこない

その対価として「新しく発行されたビットコインを支払らわれる」

という仕組みです。

 

そしてクラウドマイニングというのが

マイニング方式のうちの1つで

「マイニングをおこなっているサービスに投資すること」

によってマイニングに参加する方法です。

 

ようするにクラウドマイニング

超高性能なスパコンを導入して

マイニングする業者に投資をする、ということです。

 

ただ、マイニングする業者に投資するなら

なんで自分自身がマイニングしないのか。

そんな疑問をもたれるかもしれません。

 

しかし、個人レベルのパソコンでは

クラウドマイニングに対応でき

なおかつ大きな利益を生み出せるほどの高性能なものはありません。

 

実際マイニングをやっている業者と言うのは

高性能なスパコンが導入できる会社に限られてしまうのです。

 

もちろん、マイニングを行っている業者全てが

信用できるわけではなく

中には怪しい詐欺的な業者も存在します。

 

また詐欺でなくても倒産してしまう会社もあり

仮想通貨の価値自体が下がってしまうこともあります。

 

マイナスになることもあるリスクもある。

リターンもあまり大きくない投資法でもある。

 

ということを考えるとどうなのかなと。

 

おすすめできない

今回のMining Share Bankですが

クラウドマイニングという手法で

稼ぎましょうと言うものですが

リスクも高くリターンもあまり見込めません。

 

それ以前に情報提供者の情報が

メールアドレス以外になにもわからないという時点で

関わらないほうがいいと思います。

以上のことからおすすめはできませんね。