page contents


本上光 プロジェクトHSC High Speed Cash 危険

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

hsc

特定商取引法に基づく表示

販売会社:株式会社クレアストマネジメント

代表取締役:鈴木 健治

所在地:新宿区西新宿3-3-11 杉本ビル6F

電話番号:03-5325-3253

URL:http://reika-project100.com/tenbai-opt/index.php

よく聞く宣伝文句なんだが・・・

最新型ビジネスモデルという

使い古された感のある宣伝文句で

煽っているオファーがありましたので

紹介させていただきます。

プロジェクトHSC HighSpeedCash

販売者は、本上光です。

 

今まで幾度と無く

「最新型ビジネスモデル」と言った具合に

今までにない感を売りに

オファーを出してきたり

商材の紹介をしてきたものがありました。

宣伝文句を見る限り、今回もその仲間と

分類されてしまうのではないのかという

疑念というものが感じられます。

これは詐欺リエイターがやりがちなことです。

では、今回はどうなのでしょうか?

 

宣伝文句を見てみると

400万、1000万、4000万、1億円と増え続ける・・・

とあります。

おまけに1日10分で月収700万円とも。

やはり、さわりの部分で感じていたように

このオファーも煽っていますね。

 

100%絶対に稼げるとありますが

最新型がどうとかという前に

ビジネスモデルとして怪しいとしか言えませんね。

宣伝ページの画像にもあるように

札束ならべてどうだ!というものから投資か何かかなと。

1日の作業時間に対する報酬の額を考えたら

きっとそうだと思ったら・・・

プロジェクトHSC HighSpeedCash

投資に関する商材のようです。

 

今回のそれは投資と言っても

ギャンブル性の高い

バイナリーオプションです。

最新型ビジネスモデルではありませんよ。

素晴らしいニュービジネスなんかではありません。

だいたいビジネスと呼べるようなものなのかという時点で

疑問符を付けざるを得ないようなものです。

新規のビジネスモデルなんてよく言えたものです。

 

バイナリーオプションは

ここでも何度か取り上げさせて頂いていますが

ギャンブル性の高いもの。

いや、もうギャンブルと言っても差し支えないでしょう。

株価が上がるか下がるかを予想するだけ。

当たればお金になりますが

外れたら投資額は戻ってきません。

宣伝文句では100円から始められるとありますが

投資会社によっては50円から開始できるところもありますので

始めるにあたってのハードルは低いかもしれません。

ただ、いくら安価で始められるとはいえ

人間の欲望をうまく制御できなければ

いくらでも突っ込んでしまう危険性だってあります。

パチンコや競馬なんかがそうでしょう。

そのような形で引きずられやすいのが

バイナリーオプションの危険なところ。

だから、ギャンブルと言っていいのです。

 

ギャンブル性が高いものは

始めるにあたっては慎重になるでしょうが

一度始めたら極限までのめり込んでしまう。

負けたときにどれだけ冷静でいられるかが鍵になりますが

人間の欲望というものによって冷静さを失い

痛い目に遭うことが多いのです。

これもバイナリーオプションの危険なところです。

 

バイナリーオプションはギャンブルです

バイナリーオプションは投資の中で最も危険なもの。

しかし、簡単に始められ誰でもできる。

おまけにリスクも全くないとまで言っている

本上光のプロジェクトHSC HighSpeedCashは

非常に危険です。

 

acdf1
nyujukub


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 あおき

管理人

アフィリエイト歴5年の
経験を元に1人でも
多くの方を世に蔓延る
詐欺商材から救うべく
また、少しでも皆様の
お役にたてる情報も
提供いこうと思い、
このブログを立ち上げました。

よろしくお願い致します。

詐欺商材の定義について

当ブログでは再現性がなく
実用性もほとんど見込めないと
判断した商材について
『詐欺商材』と呼んでいます。
(法律用語上の詐欺とは違います)

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

お問い合わせ先はこちら

images

管理人の連絡はこちらからできます


もし、商材販売者の方で
削除依頼を希望される場合は
きちんと要請をしていたければ
対応致します。その際には
記事の矛盾点を証明する
ものを用意してください。
こちらで精査いたします。
よろしくお願いいたします。

応援よろしくお願いします

ブログランキング

このページの先頭へ