page contents


ウィンドウショッピングビジネス 富山純一 危険

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

wsb

特定商取引法に基づく表示

なし

URL:http://ppcaffiliatej.com/remarketing/

本当に大丈夫なのか?

無料オファーのメールの中に「おすすめ情報」といいつつも

とても怪しいものがありましたのでご紹介させていただきます。

ウィンドウショッピングビジネス

販売者は富山純一です。

 

まず、この商材の何が怪しいのかというと

特商法表記がないことです。

これを手に入れるためにお金を払う必要性がまだないため、

厳密に言うと別になくても問題はありません。

ただ、無料オファーということは

このあとに商材なりツールなりを発表するわけですから

今後のことを考えると特商法表記がないと

いくら無料オファーといえども信用できるものではなくなります。

まあ、一部業者にはあってもなくてもどうでもいいような

会社も存在しますがね。

 

そして作業内容は

街を散歩して休憩します。

そしてその間の21秒間だけを利用して

その21秒を作業時間にあてます。

これで仕事終了。

これだけで毎月100万円以上稼げるというのです。

 

今回のウィンドウショッピングビジネス。

実際に行うことはYahoo広告を利用したPPCアフィリエイトのようです。

動画を確認したところ

まず、売れそうな商品を探します。

そして、ツールを使ってその商品のペラサイトを作って

Yahoo広告を利用して集客を行い商品を販売する。

これが、今回の作業の一連の流れです。

ネットで検索すると広告費が高くついてしまいますからね。

だからこそ外でのウインドウショッピングで

商品を見つけるというのでしょう。

 

ただ、どうしても納得が行かない点がありますので紹介していきます。

 

まず、商品を売るのはいいのですが

アフィリエイト報酬をどのようにして発生させるのか?

その仕組をどうするのか、という疑問が出てきます。

せっかく探しだした商品もサイトに紹介しただけでは

報酬は発生しません。

 

そして、この作業、本当に21秒で終わるのか?

ツールを使うだけなら21秒くらいかければ作業は終わるのかもしれませんが

その商品を探す時間はどれくらいかかるのか。

それを含めての作業時間というのが正しいのでは。

この発想、間違っていますか?

 

さらにいうと、ツールで作ったペラサイトで

商品が売れるかという問題です。

ツールで作ったサイトというのは

型にはめて作ったということで個性がありません。

ということは、訪問者が買いたい、これ欲しい、という

気持ちにはならないと思うんですよね。

 

まあこれだけでもこの商材がいかにダメなのかが

わかっていただけたと思いますが

実は致命的におかしい点が1つありました。

今回の動画にあった稼げている証拠画像なんですが

なんとインフォトップのものだったのです。

ウィンドウショッピングで扱うような商品は

インフォトップでは販売しておりません。

だって、インフォトップで取り扱っているのは情報商材ですから。

今回のノウハウはPPCアフィリエイトということになります。

すなわち、宣伝ページにあった「資金がいらない」というのも

矛盾していることになります。

PPCアフィリエイトは本当にお金のかかるビジネスですからね。

 

高額塾への誘いがあるかもしれません

今回のウィンドウショッピングビジネスは

無料オファーの段階でこれだけ矛盾しています。

言っていることに説得力というものがありません。

ま、これはおそらくリスト取りが目的で

高額塾へのお誘いがあるかもしれませんので

参加しないほうがいいでしょうね。

 

acdf1
nyujukub


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 あおき

管理人

アフィリエイト歴5年の
経験を元に1人でも
多くの方を世に蔓延る
詐欺商材から救うべく
また、少しでも皆様の
お役にたてる情報も
提供いこうと思い、
このブログを立ち上げました。

よろしくお願い致します。

詐欺商材の定義について

当ブログでは再現性がなく
実用性もほとんど見込めないと
判断した商材について
『詐欺商材』と呼んでいます。
(法律用語上の詐欺とは違います)

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お問い合わせ先はこちら

images

管理人の連絡はこちらからできます


もし、商材販売者の方で
削除依頼を希望される場合は
きちんと要請をしていたければ
対応致します。その際には
記事の矛盾点を証明する
ものを用意してください。
こちらで精査いたします。
よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ