あおきです。

 

私の元に来る質問の中で

「副業を始めたいが何がいいのか?」

というものが多いです。

 

まあ今の世の中会社の収入だけでは不十分。

そして企業が副業を奨励する世の中。

そうすれば合間を見てなにかをやって

収入につなげたいという話にはなってくると思います。

 

そこで気軽に参戦できそうだ

と思われるネットビジネスの世界において

初心者が副業として始めるには

一体何がいいのかをお話しをさせていただきます。

 

 

ネットビジネスで稼ぐということ。

まずネットビジネスというのは

インターネットの中でのビジネスです。

 

つまりインターネットを活用して

お金を稼ぐということになります。

 

ネットビジネスの仕組みつ言うのは

インターネットを活用して顧客を集め

そこで物を販売するということです。

それが日用品だとか情報商材だとかという違いで

何をやるのかが変わってきますけど

基本的にネットビジネスでお金を稼ぐというのは

この仕組みになっています。

 

また、モノではなく英会話等の授業的なものを

skypeなどを利用して

教えるなんていうサービスを展開している人もいるとか。

 

これもインターネットが普及したからこそ

できるようになったことなんですけどね。

 

だって場所や時間等関係なしに

世界中の人とつながることができるのが

インターネットですから。

 

そう、インターネットが

距離と時間の壁をぶち破ってくれたことで

個人がモノを販売することを可能にしたのです。

 

ネットビジネス初心者が取り組むべき副業は?

では、ネットビジネスで副業を行う場合

初心者が挑戦するものといえば

 

・転売

・アフィリエイト

 

この2種類になるかと思います。

実は転売とアフィリエイトについては

自ら商品を開発する必要性はありません。

 

ようするにすでに商品化されているものを

インターネットを通じて販売する。

 

これは初心者にとって取り組み安い

ビジネスモデルなのです。

 

転売なのかアフィリエイトなのか?

となると、ネットビジネスにおいて

2つの選択肢があるということになります。

 

そこで、初心者の方が

どちらに取り組んだほうがいいのかという話になります。

転売というのは仕組みがわかりやすくなっていますが

仕入れを行うのに初期費用がかかり

売れなければ在庫を抱えることになります。

 

梱包等の作業も基本的に自分で行わなければならず

どちらかといえば労働型の副業ということになります。

 

これを定職を抱えている人が

普段の仕事で疲労困憊している状態で果たして可能なのか

といえばなかなか難しいと思います。

 

それでも外注に丸投げしたり

無在庫転売という方法もありますので

実作業を軽減することもできますが

それにはお金がかかるわけで。

 

副業として考えるのであればちょっとどうかなとは思いますね。

 

とすると、もう一つの副業である

アフィリエイトというお話になってきます。

 

アフィリエイトの場合は

ネットビジネスに取り組む上で

初期費用が全くかからないというわけではありませんが

 

転売において発生する

梱包等の実作業や在庫を抱える必要がない。

アフィリエイトは転売にような労働型の副業ではなく

どちらかと言えば資産型と言えます。

 

そしてなんと言ってもパソコン1台あれば

すべてが完結してしまうということです。

 

そういった意味でも

ネットビジネス初心者の方には

アフィリエイトをおすすめしたいです。

 

もちろん、その方の環境や向き不向き等ありますので

すべての方に同じことが言えるわけではありません。

 

ただ、転売とアフィリエイトを比較した場合

ビジネスモデルとして優れているのは

アフィリエイトではないかなと思います。

 

結局のところネットビジネス初心者におすすめなのは?

そもそもネットビジネスというのは

インターネットを使ったビジネスです。

 

今回はその中で転売とアフィリエイトについての

お話をさせていただいているのですが

実はこの2種類のビジネスモデルというのは

稼ぐ仕組みに共通点があります。

 

それはインターネットを活用して人を集めて

その人に対して物を売るということ。

 

その品物が何であるかによる差はありますが

ここの部分は同じなわけです。

 

ようするに転売とアフィリエイトは

どちらもネットで集客してモノを売るということ。

やっていることは変わりません。

 

では、転売はどうやって物を売るのか。

それはヤフオクやメルカリなどの

プラットホームが集客を行ってくれます。

 

その代わりと言ってはなんですが

出品者は運営に手数料を支払うことことになるのです。

 

これを広告費と考えれば

広告を打って集客していることになりますか。

 

ようするに労働型の副業とも言える

転売というのは既存のプラットホームに

完全依存した形で集客しているのです。

 

そうなるとやがて限界がやってきますね。

集客できなくなるときが来ると言うこと。

 

では、アフィリエイトの集客はどうなのかといえば

基本的に自分で行なっています。

 

ここが転売とアフィリエイトの異なる点になります。

 

アフィリエイトというのは

SNSや検索エンジンを活用して集客を行います。

そう、ブログだって検索にかかって

初めてやってくる人が多いのです。

 

このネット集客というのが重要で

これを極めることができれば

アフィリエイトで成功するとも言われています。

 

アフィリエイトをマスターできれば

ネットビジネスでお金を稼げる可能性が高まってくるのです。

 

アフィリエイトというのは

ネットビジネスにおいて

いちばん重要なネットでの集客を

マスターすることに他なりません。

 

どんなに魅力的な商品があっても

それを誰もしらないのではモノは売れません。

 

ところが、魅力的な商品でなかったとしても

集客さえできていれば

一定の買い手がつく可能性があるのです。

 

ネットで稼ぐということ

それは集客がなによりも優先されるわけです。

 

もちろん、アフィリエイトは集客のみならず

モノをどうすれば買ってもらえるのか

ウェブのセールス的な要素も必要になってきます。

 

早い話、アフィリエイトで稼ぐということは

ネットでの集客が必要不可欠で

そこからいかにセールスに繋げられるかにかかっています。

 

もし、アフィリエイトで稼ぐスキルを身につけることができれば

低コスト(ほぼゼロとも言っていい)でネットで商売ができます。

まあ今の世の中で食いっぱぐれることはないでしょうね。

 

この点から、ネットビジネス初心者が

取り組むべき副業としておすすめしたいのは

アフィリエイトということになります。

 

以上、参考にしていただければと思います。