lastyoutuber

特定商取引法に基づく表記

販売者:沖光

運営統括責任者:沖光

所在地:大阪市大阪府和泉市内田町3−7−11−3

お問い合わせ先:info@lastyoutuber.com

TEL/FAX:080-2239-4206

URL:http://lastyoutuber.com/lp01/

胡散臭いネットビジネスではありません?

今回は動画系商材の無料オファーを紹介します。

ラストユーチューバー

販売者は周藤竜也です。

 

まず、今回のセールスレターでは

冒頭から「胡散臭いビジネスではありません」という

文章から始まっています。

動画系の商材は真っ当な物も存在していますが

自分からそれを言っちゃいますかね?

 

実際のところ、本気で商材を世に送り出すために

フリーでまず認知をしていただくためにチョイスする方も

ごまんといらっしゃいます。

それをはるかに越える数のいかがわしい商材が

市場に出回っている わけですから

真偽を伺うだけだとしても面倒です。

 

では、今回の商材はどうなのか?

ノウハウ提供者としてS氏となっていますが

S氏とは周藤竜也氏のことです。

YouTubeを活用して稼ぎ出すまで、波乱の人生を

歩んできたいきさつを持っていらっしゃるのです。

何だかよくわかりませんが、ネットビジネスで

このようにして商材を世に送り出す方の多くが

こういう類の体験者が多いみたいです。

やはり経済環境がこういう類の逆境精神を生み出すもの なのでしょうか。

 

『YouTubeをつかったビジネス』と言われると、

聞こえは良いですが、 実践がとても困難です。

 

今のところ動画をアップ出来ている人と

観ているだけの人とでは

かなりの差があるようですので

参入する余地は残されています。

ただこれも、あくまで数字上のものであって

日常をアップしただけ、ゲームの実況をしただけだとしても

ライバルが多かったり、閲覧者がどれだけ興味を持っているか

という意味では、目に見えない大きな壁がそこにあるのです。

 

確かにセールスレターを見てみると

一見「アップしただけで見てくれそうだ」と思われがちですが

youtubeを安易に投稿したところで

そう簡単に見てくれるわけではないのです。

これはブログなんかがそうですよね。

立ち上げた当初なんて誰も見てくれないじゃないですか。

それと同じなんですよ。

 

では、どのようにして閲覧者を増やしていくのか。

そこが課題になって来ると思いますし

こういった動画系ノウハウの場合

その点で真新しさがないと

この商材を手に入れる意義というものがないと思います。

今回、この閲覧者を増やす方法としてLINEを活用するのだとか。

まあLINEの利用者は多いですから

目の付け所としてはいいのかもしれませんけど

LINEだってSNSの一種。

そこのところはどうなんでしょうかね?

 

LINE依存だとしたらちょっと怖いが

今回のラストユーチューバー

LINEを活用して閲覧者を増やす方法を採るようです。

ただ、方法の一つとして活用するので

あればいいかもしれませんが

1つのSNSだけに依存するやり方だとしたら

ちょっと怖い気がします。