office at home

納税の義務

まず、アフィリエイトを行い報酬が手に入るとなると

問題になってくるのが税金。

 

ただ年間で20万円(サラリーマンの場合、主婦は38万円)を越えなければ

まあ黙っていても問題はないのですが

その額を超えてしまう場合はそういうわけには行きません。

 

確定申告を行い、税金を収めなければなりません。

それをやらないと脱税ってことになりますから。

 

アフィリエイトを副業で行う場合その辺が問題になりますから

なんとか会社にバレないように

手続きを行えればいいんですけどね。

 

今サラリーマンで働いている方でも

会社からの収入だけでは正直厳しいという方も多いですから

副業を始めて少しでも収入を増やそうと考えている方もいます。

 

その気持はよくわかりますよ。

それに、現代は終身雇用制度が崩壊しているうえ

経済状況も芳しくないですから昇給も望めない。

 

そしてなによりも将来の年金が全く期待できない。

これらの理由から余裕と言うものがなくなり

不安で仕方がない。

そう考えるのが普通ではないでしょうか。

 

問題は勤務先が副業を認めているかどうか

そこでアフィリエイトを行っていく場合

会社がそれを認めてくれかが問題です。

 

もし副業を認めていない場合はバレないようにしないといけません。

たいていの会社では副業が許されるようになってきましたが

それでも未だに副業を禁止している会社はあります。

ですので、副業がバレたら・・・・

考えるだけでゾッとすると思います。

 

一般企業に勤めている場合は

確定申告を行う必要がありません。

それは会社が収入や健康保険、年金等を管理しているため。

しかし副業での収入がある場合は

自分で確定申告を行う必要があります。

 

住民税は普通徴収で

そのさいには確定申告で「普通徴収」を選択するようにしましょう。

これは自分で確定申告を提出する場合に

記載事項として記入するようになっています。

 

これを「特別徴収」にしてしまうと

住民税の通知が会社経由で来ることになるので

そこで収入の額が違うのでは、ということが発覚して

副業を行っていることがバレてしまう可能性があります。

ですから確定申告では「普通徴収」を選択しないといけません。

 

アフィリエイトで稼ぐようになると

税務署に届け出を行うので

確定申告を行う際に事前にいろいろと教えてくれます。

そこはひとそれぞれ事情が異なりますから

その点については税務署に伝えればいいわけです。

 

それこそ会社にバレないよう行いたいとか。

確定申告についてはその手続の方法も

毎年少しずつ変化していますから

そこはしっかりとした確認が必要です。

 

特に今年はマイナンバー制度が導入され

確定申告のさいに必要になってきますので

まずはマイナンバーに関する諸手続きが必要ですね。

 

納税のためにも確定申告は必要

ようするに副収入があれば

アフィリエイトに限らず確定申告が必要です。

転売、せどり、不動産経営、投資・・・

ですので副収入というのは

そんなに珍しいことではありませんから。

 

会社が副業を認めていなくても

ちゃんと税金を収めなけれなならないわけですから

そこのところはきちんと確定申告を行うようにしましょう。

わからなければネットで調べれば情報は手に入りますし

それこそ税務署が相談に乗ってくれますから。