ギャンブル商材に関わってはいけない理由

Facebook にシェア
Pocket

ギャンブル商材に関わってはいけない理由

情報商材として

時に競馬やロトなどギャンブル関係のものが

出回ることがあります。

 

情報量を払って情報を入手するもの。

ツールを入手してそのツールを利用するもの。

 

しかし、いずれのケースでも

商材を入手した側が稼ぐことはありません。

 

ギャンブル商材に関わってはいけない理由

 

競馬の場合は人間が操ってはいますが

馬に競争をさせています。

競艇はボートとモーターが同一規格のもので

前検日に各選手に抽選で割り当てられます。

 

ギャンブル商材に関わってはいけない理由

 

なお、競馬の騎手、競艇の選手にはレース当日は

携帯電話の持ち込みが厳しく規制されています

 

ギャンブル商材に関わってはいけない理由

宝くじについてですが

ロト、ナンバーズいずれも

抽選番号のボールは全て同じものが

使用されています。

 

過去の傾向で若干当選番号の偏りがあるようですが

それは偶然の範疇であり

そこにロジックなどは存在いたしません。

 

では、ギャンブル関係の詐欺師が

いったいどんな形でユーザーを獲得するのかというと

無料オファーがほとんどです。

 

詐欺師というのは宣伝文句を考えること

人を騙すための話術に長けています。

ですから、ころっと騙されてしまう方も多いのです。

そして気がつけば高額の情報量を

払わされることになるのです。

 

お金がない、と言えばサラ金に手を出させ

お金を作らせてでも、です。

そして当たらないのです。

 

以前このブログで私が

競馬の詐欺師は馬柱は読めないが

サラ金のお金の借り方は知っている

というのはこのことです。

 

で、高額な情報量を払っても

提供してもらった情報が当たらないわけじゃないですか。

じゃあそのあとどうなるのかわかりますか?

 

詐欺師へ連絡しても連絡がつかなくなります。

教えてもらった住所の場所に行っても

もぬけの殻か、いかがわしい人たちが

そこで生活していたり・・・

 

この手のサイトの住所は

バーチャルオフィスであることが多く

実際にそこには誰もいないなんてこともありますから。

 

当然、詐欺罪になるわけですから警察の出番になるわけですが

普通に考えると詐欺にあったのだから被害者になるだろうと思ったら

そうではないのです。

 

警察の見解では

「あなたはこの会社の詐欺に加担したでしょ」と

加害者側として扱われることになるのです。

 

ようするにギャンブル系の詐欺にあったら

お金は戻ってこないわ、警察には加害者扱いされるわで

いいことなど一つもないのです。

 

高い授業料を払わされたと思って諦めるしかないのです。

まあ、悪徳情報商材だって

返金要求してもお金が戻ってくることはありませんがね。

 

ですから、ギャンブル系の商材には

絶対に手を出さないでいただきたい、と言えるのです。

無料オファーの段階でメアドも教えてはいけません。

 

教えたら膨大なメールが送信されて来ます。

電話番号なんて教えた日には

ひっきりなしに電話がかかってくることになります。

 

さらに言うと、この手の詐欺に遭った場合

加害者として詐欺師に加担することになるので

絶対に参加しないでください。

 

この手の詐欺に遭わないようにするためには

迷惑メール設定に

「競馬」だの「宝くじ」だのといったものを

加えておくのがいいかもしれません。

 

当然自分はそのようにしていますから。

そうやって詐欺的なものを見つけては

ここで紹介させてもらっていますのでね。

 

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

このページの先頭へ