mts

特定商取引法に基づく表記

運営責任者:木村 ケンタロウ

住所:〒105-0014 東京都港区芝5丁目16-5

電話番号:03-6860-0349

メールアドレス:k-kimura@mkisrm.net

URL:http://mkisrm.net/

超天才知能っって・・・

さて、今回は見るからに危ないと言わざるを得ない

無料オファーが届きました。

M・T・S

販売者は木村ケンタロウです。

 

まず、気になるのはこの商材名。

かつて北海道に存在してたとある企業名を連想された方もいるでしょう。

数多くの詐欺商材を販売していた株式会社MTS

倒産をしてしまったので今はありませんが

どうしてこんな商材名にしたのでしょうね。

今のところ連中と関与しているかどうかの確認はできていません。

もし関連性があったら無料オファーの段階で

連中と同じようなフォーマットを使っていたでしょうから

おそらく関係はないでしょうね。

 

そしてそれよりも気になることがあり

むしろそちらの方に危険を感じます。

今回の情報提供者は木村ケンタロウ。

特商法表記にもこの名前が記載されていますが

まずカタカナ表記という時点で

特商法表記を画像データ化するのとあまり変わりません

そのため、過去に何かあったと判断すべきでしょう。

ネットビジネス絡みで悪いことをして

炎上騒ぎを起こしたとか・・・

 

で、セールスレターを見るとこんなことが

もう”偽物”には惑わされないぜ、

朝と夜のたった5分だけを使い、

手堅く毎月92000円の収入が手に入る

ってことは1日たったの10分の作業時間ということですか。

 

じゃあどんなことをすれば収入になるのかというと

①このあと「M.T.S」をメールで受け取る

②「M.T.S」にある事をして動かす

③朝と夜に最大10文字のあるメールを送る

④あなたのタイミングで利益を受け取る

これってなんとかオフィスの詐欺商材とあまり変わらないし

これで稼げると思う人なんているんでしょうかね。

で、その疑念を晴らすべく預金通帳が登場してくるわけですけど

でもそれだけこのM・T・Sでこれだけ稼いだよっていう

証拠には成り得ないと思うのですが・・・・

 

簡単に稼げる

特商法表記があやしい

何をするかが具体的に明示されていない

もうこの時点で危ないと判断しても良さそうなんですが

念のためメアドを献上して登録することに。

すると、スタートアップフォームなるものが登場。

ここに名前、メアド、電話番号を入力することになる。

電話番号を求めていること自体がとてもあやしいのですが

「紹介者:木村 健太郎 様」という表記も。

何で稼ぐことが出来るのかが明かされていないのに

申し込む際に50,000円が初期費用としてかかること。

紹介者の名前が入っていたことを考えると

これもしかしてねずみ講なんかじゃないの?

電話番号を求めてくるところもなんか・・・

 

まず、今回のオファーは何をするのかがわかりません。

もうこの時点で話に乗るべきではありません。

また特商法表記上の名前がカタカナになっている。

おそらく過去に何かあったと考えるのが普通です。

そして蓋を開けてみたら・・・

今回のM・T・Sはとにかく危険です。

この話には絶対に乗らないように。