mmk

特定商取引法に基づく表記

富沢裕

所在地:〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-30-9-302

メールアドレス:info@min-paku.top

URL:http://min-paku.top/opt/31/

また民泊ですか?

まあ4年後東京でオリンピックが開催されるので

こういった話が出て来ることはわかるのですが

それにしても民泊のオファー多すぎじゃね。

という感もありますが民泊ビジネスに関する

オファーが届きましたので紹介しておきます。

民泊マスターセミナー

販売者は富沢裕です。

 

今でも日本は宿泊施設が不足しています。

海外から来日される方が増えていて

日本人ですら宿泊施設を確保するのに四苦八苦しているほど。

そこで注目されているのが民泊というシステム。

わかりやすく説明すると

自分が持っている空き部屋を宿泊施設として

活用してもらおうというもの。

そのためにAribnbを利用するということになります。

 

Aribnbについてはここでも

さんざん説明させていただきましたので

今更感もありますけど

ようは空き部屋や休眠中のマンション等をこのAribnbに登録して

ホテル代わりに使ってもらおうというものになります。

実はこのAribnbはホテルとコラべてコスパがいい。

キッチンを自由に使って自炊できたり

何よりも海外ではAribnbを利用している人が多い。

そして前述の通りオリンピックを4年後に控えた今でさえ

ホテル等が不足しているため注目されだしたのです。

 

そのため、最近ではこの民泊に関するオファーが

たくさん出てきて入るのですが

民泊ビジネスはいいことだけではありません。

外国人を相手にする以上考えられるデメリットがあるのです。

それは日本の常識が通用しない事。

まあ中には完璧にリスペクトして

来日される方もいないわけではありませんが

そこは期待できないと考えていいでしょう。

 

また、所有物件を宿泊場所として使うために

やらなければならないことがたくさんあるのです。

もちろん初期費用も必要ですのでお金の問題もありますし

法改正が行われ年間180日までしか営業することができないのです。

つまり以前ほど稼ぐことができないというわけです。

そこに外国人を相手にするため絶対に避けられないのが近隣住人とのトラブル。

それに犯罪の拠点とされる場合も考えられます。

 

今回の民泊マスターセミナーでは

月間利回り200%〜300%と謳ってはいますが

営業できるのが180日以下となった以上

これを達成するのは不可能に近いです。

また、今回はそれらのノウハウをセミナーを開催した上で

教えるということになります。

セミナー1回の定員が20名、それを14回開催するわけですから

単純計算して280名の方がこのノウハウを習得して

実践していくことになるのです。

 

ただ、Aribnbにはすでに3万件以上の物件が登録されていたり

大手が参入していて稼げる物件は

あらかた押さえられているという話まであります。

そこに280人が加わるわけですから今度は価格競争が始まります。

そうすると思ったほどの利益があげられないことになります。

 

そして問題のセミナーなんですが

無料で受けることはできるのですが

全てのノウハウを無料で教えてくれるとは考えられません。

セミナーですのでサクラを投入して

参加者を洗脳させて高額バックエンド商材へ誘導する。

おそらくこういった流れになるでしょう。

これを何もないところから始めるとすると

物件を入手するところから始めなければなりません。

そこから内装まで整備していくと

かなりの出費を覚悟しないといけません。

30万円あれば、なんて言っていますけど

実際はもっとかかりますよ。

そこにバックエンド商材の代金がかかってきますからね。

民泊ビジネスそのものが・・・

今回の民泊マスターセミナーですが

民泊はとにかくやることが多く

外国人を相手にするためかなりハイリスクなビジネスでもあります。

また、法改正で営業できるのが年間180日以下となった上に

すでに3万件もの登録物件があるため

思ったほどの利益を上げるのは難しくなっています。

さらには今回はセミナー形式でノウハウを習得することになります。

そうなると待っているのは高額塾?

おそらくそうなってくると思いますよ。