page contents


SAKURAシステム 櫻井まみ 中身はバイナリーオプションのようだが・・・

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

sakurai

特定商取引法に基づく表示

販売事業者名:株式会社カイシステムズ

所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿二丁目 7-3

運営責任者:出本 純一郎

お問い合わせ先:info(アットマーク)sakura-s.hiho.jp

URL:http://sakura-s.hiho.jp/lp01

ビジネス拡大のために選んだ手段が無料オファー?

さて、今回はビジネスを拡大するとのことで

仲間を募集するために

無料オファーを展開されている方がいるので

こちらを紹介します。

SAKURAシステム

販売者は櫻井まみです。

 

まあビジネスを拡大させるのはいいのですが

その手段としてなぜ無料オファーなのか

ここに疑問を感じます。

 

なにしろ

メールを打つよりも簡単!

スマホなどで、数字を打てる技術があれば全く問題ございません。

これで完全在宅の上で月収100万円が確約されるという。

これを見る限りはちょっとどうかなと。

 

そしてセールスレターの中では

ビジネスモデルに関する言及がありません。

もうこの時点でどうかなと。

はっきりしていることと言えば

仕事内容:スマホ・PCで5分ほどの簡単な数字の入力

年齢:18歳~105歳

資格:スマホ・PCをお持ちの方

給与:¥1,000,000~

時間:1日の中のご希望の5分間

休日:ご希望でお休み頂けます

待遇:各種手当完備

勤務地:家でも外でもご希望の場所

なんか求人広告っぽくなっていますけど

この条件で求人誌に載せたとしても

怪しすぎて誰も話に乗らないんじゃないですかね。

 

だからこそ無料オファーで仲間を集めているのでしょうけど

それでいてビジネスモデルが明らかにされていない。

今回のように無料オファーのセールスレターの中で

ビジネスモデルを明らかにしていないものというのは

たいていが残念なものだったりもします。

ということは今回もそうなのか?

 

というわけでいろいろと調べさせてもらったのですが

今回のSAKURAシステムの中身というのは

バイナリーオプションになります。

今更説明するまでもないのですがバイナリーオプションは

投資に該当しますので

資金ゼロからのスタートというのは無理ですね。

 

で、バイナリーオプションを実践するわけですが

今回のSAKURAシステムというのは一体なんなのかというと

システムツールで、このSAKURAシステムを利用して

トレードをしていくことになるようです。

簡単にいうとバイナリーオプションをシストレで稼ごうというものです。

 

ではこのSAKURAシステムを本当に無料で使えるのかというと

そんなことはありません。

実はこのあと絆プロジェクトなる

バックエンド商材が用意されています。

というかバイナリーオプションの

シストレ系のノウハウで安定して稼げたなんている

ツールは聞いたことがないんですよね。

そう考えるとどうなのかなと。

 

バイナリーオプションという時点でどうかと

今回のSAKURAシステムですが

バイナリーオプションのシステムツールになります。

そして高額バックエンドが控えていることまでわかっています。

投資という時点である程度のリスクはある。

それはバイナリーオプションであるということ。

これだけでもかなり不安要素になりますから

この話には乗らないほうがいいかもしれませんね。

 

acdf1
nyujukub


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人 あおき

管理人

アフィリエイト歴3年の
経験を元に1人でも
多くの方を世に蔓延る
詐欺商材から救うべく
また、少しでも皆様の
お役にたてる情報も
提供いこうと思い、
このブログを立ち上げました。

よろしくお願い致します。

詐欺商材の定義について

当ブログでは再現性がなく
実用性もほとんど見込めないと
判断した商材について
『詐欺商材』と呼んでいます。
(法律用語上の詐欺とは違います)

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問い合わせ先はこちら

images

管理人の連絡はこちらからできます


もし、商材販売者の方で
削除依頼を希望される場合は
きちんと要請をしていたければ
対応致します。その際には
記事の矛盾点を証明する
ものを用意してください。
こちらで精査いたします。
よろしくお願いいたします。

応援よろしくお願いします

ブログランキング

このページの先頭へ