カタログビジネス

特定商取引法に基づく表記

販売会社:合同会社アレグロ

販売責任者:長岡孝汰

所在地:〒277-0885 千葉県柏市西原5-14-46-202

メールアドレス:info●ichienmrr.com/

URL:http://ichienmrr.com/erp/skhtb/

あまりにも簡単に稼げる?

さて、今回は簡単を売りとする

怪しい無料オファーの紹介です。

カタログビジネス

販売者は森下博です。

 

まあ簡単を売りにするオファーというのは

今までもたくさん出てきました。

しかし、そのどれもが簡単だった試しはなし。

おまけに稼げるのかといえば

残念ながらそうはならなかった。

 

つまり簡単であることを売りに

メールアドレスを登録させようという。

言ってしまえばリストがどうしても欲しい

簡単を売りにするオファーは

そういったものであると考えていいと思います。

 

今回のカタログビジネスについては

まず特商法表記が画像データ化されています。

ここは例によって検索逃れと考えていいでしょう。

 

この点も毎度のことになりますので

簡単を売りにしている点も含めて

もうこの時点でイヤな予感しかしないのです。

 

で、どれだけ簡単なのかというと

小学生の読書感想文より100倍簡単

簡単なレビューを書くだけで1万円!

小学生でも1分程度で書ける

時間を持て余して暇になってしまうかも

 

でもこれって言うだけならタダですよね。

これらを同時に満たすノウハウなんて

本当に成立するのか、と考えれば

考えれば考えるほど怪しく聞こえるものです。

 

それとこれを注目してほしいのですが

この森下氏がこのノウハウで

これだけ稼ぎましたよ、という意味で

預金通帳を晒しているのですが

カタログビジネス

これを以って稼いだ証拠になると言えばNoです。

というのも523万円の預かり金が発生した事以外が不明。

だってこの預金通帳が本当に森下氏のものであることが

証明できないのですから。

 

ではこのカタログビジネスというのが

いったどんなものをレビューしていくのかというと

Yahoo!のカタログから選択できる。

その対象商品の数は1億種類に相当するとまで。

これはYahoo!が大手だからそれが可能なんだと。

 

そこから1回1分程度のレビューを書くだけで

簡単に稼げるというのがね。

実はこれ、レビューを書くのではなく

レビュー付きの商品販売ページでも作るのでしょうかね。

だってYahoo!のカタログを元にして作業するんでしょう。

 

でもこれだけで稼げるほどネットビジネスは甘くないですよ。

ではその商品販売ページを誰に見てもらうのか?

 

いくら販売ページを作ったとしても

それが誰かの目に触れなければ売れませんし

そのページが誰かに発見されたとしても

それだけで即売上に繋がるとは限りません。

だから言うほど簡単ではないんですよ。

 

もしこれだけ楽なビジネスモデルがあれば

なぜ無料オファーと言う形で外部に漏らすのか?

 

私がもしこういった売りのノウハウを持ち合わせているのなら

会社を立ち上げて部下雇って稼ぎますよ、

それを小学生でも簡単にできます

という謳い文句で無料オファーを流すというのがね。

 

それにセールスレターでは簡単だの

小学生でもできると言いながら

特商法表記にはこんな文言が

カタログビジネス

この文言1つが

セールスレターで謳っていることを

全て否定することになりますから。

 

レビューを書いただけは稼げない

今回のカタログビジネスですが

簡単であることを売りして

結局はリストが欲しいというだけの

無料オファーになります。

 

結局1分程度のレビューを書いただけで

稼げるとか言ってますけど

それだけで稼げるようにはなりませんから。

 

今回のように簡単であることを謳ったオファーというのは

高額バックエンドが控えていることが多いので

そちらに警戒しないといけませんね。