ちゃっかリッチシステム

URL:http://yamasakihironari.com/lp1/

ちゃっかリッチシステム

URL:http://yamasakihironari.com/lp2/

特定商取引法に基づく表示

なし

このビジネスが日本の未来を変える?

さて、今回は日本の未来を変えてくれる

ビジネスを教えてくれるという

無料オファーを紹介します。

ちゃっかリッチシステム

販売者は山崎ひろなりです。

 

まあなんといいますかね

特商法表記が載っていないんですよね。

 

今のところ、という見方もできなくはないのですが

無料オファーをリリースする時点で

少なくともどこの誰かというのをはっきりしていただかないと

信用できないのでないかと思います。

 

でもって今回の情報提供者は

山崎ひろなりという名前を名乗っていますが

この名前で検索をかけるととあるお笑い芸人がヒットします。

 

特商法表記が載っていない上に

検索逃れともとられかねないような

ことをやっているんですよね。

こうなると無料オファーとしての価値というものが・・・

 

そして今回はすでにAirBnBというものが

ちゃっかリッチシステムの元となっていますので

いわゆる民泊ビジネスに関するノウハウになります。

 

2020年に東京でオリンピックが開催されることが

決定したころから、民泊ビジネスに関するオファーが

たくさん流れた時期がありましたけど

法整備が進んでなにもないところから始めるには

ちょっとむずかしいという話になりました。

 

AirBnBというのは海外で普及している

民泊システムのことで

空き部屋を宿泊施設として提供しようというもの。

 

今、日本では慢性的な宿泊施設不足に陥っており

その隙間を埋めるべく民泊ビジネスに

参入しようというものになります。

 

ただ、残念なことに

今現在、法的に民泊が認められているのは

東京都大田区等の一部地域に限定されており

その他の地域で行った場合は

旅館法違反となり法に抵触してしまうのです。

 

もっとも、民泊新法と言う形で

限定的に民泊を認める法律を制定しようと言う話があります。

これが国会を通って施行されれば

民泊ビジネスを行うことができるようになるのです。

 

もしこの法律が施行されたことを

前提でお話をしますが

民泊ビジネスができるのは住宅であること。

 

その中でマンションなどでは

民泊を認めていないところがありますので

そういったところでは民泊サービスをおこなうことができません。

また営業日数の制限もあります。

それが年間で180日までとされています。

 

また、この新法では

民泊施設管理業者なるものを指定するんだとか。

これは宿泊した民泊施設を

清掃等メンテナンスを行う専門業者の規定おしています。

 

このちゃっかリッチシステムというものは

民泊施設管理者と契約をしないといけなくなります。

そうしないと民泊ビジネスができないですからね。

 

流れとしては

物件を借りてそこで民泊サービスを行って貸し出す。

その物件について民泊施設管理者と契約を行い

メンテナンスをお願いする。

こんな形になるのでは、と思います。

 

ただ問題は民泊ビジネスを始めるのはいいが

物件を取得してそれをどうやって宣伝するのか?

ようは民泊ビジネスを始めるにしても

借り手がつかないことには儲かりませんからね。

 

それが、セールスページでは

AirBnBの運営ではやらなきゃいけないことがたくさんあるが

ここをちゃっかリッチシステムがやってくれるのだとか。

システムに全てを任せるだけ、とも言っているんですが・・・

 

といいますか、そこまで言うのであれば

なぜ自分たちで運営して利益を出せばいいものを

なぜに無料オファーを流すのでしょうかね?

意味がわかりませんよ。

 

ともすると全てを任せることになるこのシステム

お金がかかるということなのでしょうかね。

それも定期的にかかってくることが予想されますので

それが積み重なると・・・

コレだけ考えてもちょっとどうかなと。

 

おすすめできない

今回のちゃっかリッチシステムですが

特商法表記の記載なし

情報提供者の名前で検索逃れ?

民泊ビジネスというビジネスモデルそのもの

そして「システムに任せるだけ」という

簡単な印象を与えている。

 

このことから危険な気がします。

少なくともおすすめはできませんね。