凍結祭り

twitterで怖いのがアカウント凍結

あおきです。

 

twitterで一番怖いことと言えばアカウント凍結

実はtwitterでは凍結祭りというワードが

トレンドに入ることがあります。

 

では、この凍結祭りとは何なのか。

これについて解説させいていただきます。

 

凍結祭りの意味

twitterにおける凍結祭りというのは

アカウントが短期間に大量に凍結されるということ。

 

その結果としてフォロワーが一気に減ると言った現象が起こります。

では、なぜ短期間に大量に凍結されるのか?

これにはいろいろと理由があります。

 

ユーザー主導の凍結が大量に発生する場合

まず、twitterの凍結理由としては

スパム報告、アカウントブロックがユーザーによって行われることがあり

その結果としてたくさんのアカウントが凍結されてしまうことがあるのです。

 

つまり、複数のユーザーがあるアカウントに対して

一斉に通報を行うことで該当のアカウントが凍結されてしまうのです。

 

ここで考えられるのは、凍結される側が

何らかの理由でアカウントブロックをされる理由を作っている

ツイートの内容が報告されることで凍結に至る。

このように考えるのが自然ではないかと思います。

 

twitterの運営がブロックしていることもある

2つ目の理由として考えられるのが

twitterを使用しているものがルール違反を犯している場合に

運営側がスパム対策の一環として、アカウントを凍結することがあります。

 

これについては、きちんとルールを守って下さい。

としか言えないんですけどね。

 

考えられる理由としては

 

ツイートをしない

フォロワーに比べてフォロー数が極端に多い

ツイートの内容がアフィリリンクのみ

特定の団体、個人に対して誹謗中傷のツイートを繰り返している

ツール等で機械的にフォロワーを増やしている

 

こんな感じでしょうか。

 

この中でツールでフォロワーを増やしているというのは

精度の低いツールを使うと発生する可能性があります。

ですので、これに該当すると考えられる場合は

ツールの使用を一旦やめましょう。

 

その他の事例については、twitterのルールを守っていれば

回避できることでもあるので

気をつけて運用するようにしましょう。

 

アカウントの一時的な制限

実はこの凍結祭りの場合

フォロワーだけが減ってフォロー数は変わらない場合があります。

 

この場合、フォローしている一部のアカウントに

不審な行為が確認されているため

アカウントが一時的に制限されているのです。

これはアカウント凍結の一歩手前と言った感じでしょうか。

 

つまり、アカウントの所有者がルール違反を犯し

アカウントがロックされている状態になっているのです。

もちろんこのロックを解除できればアカウントは元に戻りますし

解除できない場合はアカウントが凍結されるのです。

 

これはいくら安全にフォロワーをふやすことができるとされる

フォローマティックXYツイッターブレインでも

この事例が発生することはあります。

 

実際に「凍結を完全に回避することはできない」と

マニュアルに明記されています。

 

ツールが原因でアカウントが凍結したら?

もし、ツールが原因でアカウントロックや凍結などと

いったことが発生した時は、各ツールの質問コーナー等にて

解決する方法を調べることができますし問い合わせも可能です。

そういった時はその指示に素直に従うべきですね。

 

もちろん、こういったツールについては

初期設定値をいじらないというのが大前提。

その設定値を変えてしまうことで

アカウントロックや凍結といったことが起こります。

 

こうなってくるともう販売者側は手に負えなくなります。

ツールの運用については

あくまでマニュアルに従って運用しましょう。

 

何事もルールを守ることが大切

twitterはあくまでルールに従って正しく運用するようにしましょう。

そうすればアカウントロックや凍結は回避できますから。