インサイダー強制収益化システム 危険

Facebook にシェア
Pocket

特定商取引法に基づく表示

なし

URL:http://mailaffili.com/insider/opt/01/

他力本願ビジネス?

ちょっと気になる商材がありましたので

覗いてみました。

インサイダー強制収益化システム

販売者は中村信太です。

 

ページを見るなり

いきなり他力本願ビジネスという文字が出てきました。

その収入はどうやって得るのか?

その上で、インサイダー強制収入化システム

ですからどういうこっちゃって?

これ、もしかしてインサイダー情報が

知らない間に流れてくるのでしょうかね。

これって犯罪じゃないのか?ってね。

 

で、実際はどうなのかというと

ツールを利用してリストを集め

無料オファーで稼ぎましょう、と言うもの。

これだけではインサイダーとは言えませんね。

ただ、送られてくる動画を見る限り

ちょっとおかしいところがありました。

 

他には出ていない最先端のノウハウ

ということで語ってはいるのですが

その背景に報酬画像が映っていました。

それが2014年1月のもの。

1年以上も前ですね。

 

最先端のノウハウとはいいつつも

報酬が1年前のものというのは矛盾していますし

それこそノウハウそのものが最先端とは言えません。

最新の報酬がないと言うことなのでしょうか?

いや、または1年前のものが

たまたま映り込んでしまっただけなのかもしれません。

だとすると、動画を作る際に

お粗末なミスを犯してしまったということになります。

アップする前に確認したのでしょうか?

ということにもなりますね。

 

高額塾の特徴の一つにあげられるのが

以前大きく稼ぐことができた手法が

今ではそのノウハウが

何らかの理由で通用しなくなった。

そういったものを商材にして販売している。

目の肥えた人はそれに気づき

近寄りもしないのですが

何も知らない情報弱者や

ネットビジネス初心者たちが

最新のもので誰も使っていない手法だから、と言われ

それを信用してしまい買ってしまう。

これが高額塾の売れる仕組みの一つなのです。

もちろん、稼ぐことなんてできません。

 

ただ、古臭いノウハウでも

未だに通用するものもあります。

そういったものも世の中にはありますが

やはり、結果が出ない商材のほうが多いのです。

詐欺リエイターがそれだけ多いってことですね。

 

インサイダー強制収益化システム

販売者である中村信太について調べてみましたら

過去に別の名前で20万円相当の高額塾を

販売した経歴を持っているようです。

別の名前で高額塾の販売経歴がるということは

その高額塾の評価がいいわけがありません。

今回は悪評逃れのために名前を変えていると

そう考えていいでしょう。

 

次は高額塾の紹介ですかね?

簡単にできるという触れ込みのものは

それだけで怪しいと思うべきです。

ましてや、販売者が名前を変えて

このオファーを出しているということを考えると

過去と同じことをして騙そうと企んでるとしか

考えられません。

おそらく、このあとに高額塾の売り込みがある思われます。

 

Facebook にシェア
Pocket

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ