300名のセミリタイヤをされたい40代~70代限定企画 松岡直希 ブックメーカーのようですが・・・

特定商取引法に基づく表示

運営元会社名 株式会社ホムテルス

代表者氏名 佐々木亮太

所在地 〒212-0052 神奈川県川崎市幸区古市場2丁目75番地

メールアドレス mail@matuoka-naoki.net

電話番号 03-6629-7001

URL:http://matuoka-naoki.net/sp/semi-retire/

もう働かないでください?

さて、今回はセミリタイアしたい方向けの

無料オファーがありましたので

紹介させていただきます。

300名のセミリタイヤをされたい40代~70代限定企画

販売者は松岡直希です。

 

まず、今回の300名のセミリタイヤをされたい40代~70代限定企画ですが

3年連続!

輝くシニア資産運用大賞受賞!

とあります。

もしこれが本当の話なら何もこんな無料オファーなど流さずとも

ニュースかなんかで話題になっていると思うのですが。

それと、このなんとか大賞はどこが主催したものなのか。

これがはっきりしていません。

出処が明かされていないところを見ると

この肩書自体が怪しく思えます。

 

この無料オファーは

セミリタイア生活をしてみませんか?

ということで私達があなたの代わりに働きます

私達の報酬を受け取ってセミリタイヤして下さい。

と謳っています。

 

もう働かないでください、とか

報酬を受け取ってセミリタイアしてください、とか

私達があなたの代わりに働きます、という話になりますので

では何もしなくていいのか?というふうに思うかもしれません。

 

であれば、どういった仕組みで

現金がもらえるようになるのかと言うのが疑問になりますが

最近の「現金を受け取ってください」というような

無料オファーというのは

最終的には何かをやらされることになるのです。

 

今回の300名のセミリタイヤをされたい40代~70代限定企画における

特徴というのは以下の4つ。

登録無料

一度設定してしまえば何もしなくてもお金がもらえる

報酬が1週間以内、すぐ引き取れる

国が認めた許認可事業なので安心

とはいうものの、最後の

国が認めた許認可事業

というのが気になります。

だったらその国が認めた許認可事業を

教えてくれればいいのに

このセールスページには

その内容が明かされていません。

 

では、実際にどんな流れで現金を受け取るのかと言うと

メールアドレスを登録して説明資料ビデオの請求を行う

現金受取ビデオを全て目を通す

毎月振込みする口座を用意しし入金確認をする。

こちら側が行わなければならないのはこれだけ。

 

そこで中身を確認するために登録をさせていただきました。

すると

今回の300名のセミリタイヤをされたい40代~70代限定企画ですが

その中身はブックメーカーのようですw

ブックメーカーというのは

イギリスが国家として認めている

賭博行為になります。

 

たしかに国家が認めているということにはなりますが

これはイギリスの話になりますし

これを日本から参加することが国から認められているわけではありません。

厳密に言うと参加するための法整備が進んでいませんので。

 

それ以前にブックメーカーというのは

賭博行為、いわゆるギャンブルになりますので

これでセミリタイアというのは厳しいでしょう。

 

また、この案件につきましては

今まで数多くの無料オファーが流れて

その行き着く先まで決まっているというのもあります。

そう、高額塾が控えているのです。

当ブログではまだ紹介をしてませんが

高額塾云々というよりも

ブックメーカーで稼ぐという時点で

関わるべきではないと思いますよ。

 

ブックメーカーはギャンブルですから

今回の300名のセミリタイヤをされたい40代~70代限定企画ですが

国が認めた許認可事業といいつつも

その中身はブックメーカー、ギャンブルになります。

中身がギャンブルである以上

これでセミリタイアというのは

ちょっと厳しいと思います。

普通に考えても参加は控えるべきですね。

 

これで今回の記事は以上になります。


もし、今回の記事で分からない事があったり

聞きたい事がございまそたら

以下の問い合わせフォームより

直接メッセージが送信できます。


分からない事、不安な事

疑問に思った事、感想、メッセージ、なんでもOKです。

真剣なメッセージは迷惑とは思いませんので

気軽に送ってきてくださいね。

あおきへ問い合わせる


それでは、本日も記事をごらんいただだきありがとうございました。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ